にきび(尋常性痤瘡)

診療内容一覧

にきび(尋常性痤瘡)とは

尋常性痤瘡とは、いわゆる「にきび」で、思春期以降に発症する顔面の皮膚の病気です。
「ニキビは青春のシンボル」とも言われ、病院に足を運ばない人も少なくありません。
瘢痕を残すこともあり、積極的な治療が求められています。

原因

毛穴が詰まり、その中で皮脂やアクネ菌がたまることでおこります。

治療

1日1回の塗り薬が主たる治療になります。
残念ながら数日でよくなるものではありません。
症状改善を自覚するのに、2~4週間程度かかります。
一過性に赤くなることがあり、保湿が重要です。
再発を予防するためには長期的に塗り薬を塗る必要があります。
お気軽にご相談下さい。

診療時間

  • 午前診療:月・水・木・金・土の9:00~12:00
  • 午後診療:月・金の14:00~19:00
  • 日帰手術:月・木・金・土の12:00~13:00
  • 火曜日は、新型コロナワクチン接種日のため休診日です。
  • 手術は事前の受診及び予約が必要です。